Event is FINISHED

VR未来塾オンライン「Withコロナ時代におけるVRの可能性を語る vol.1」

Description

VR未来塾オンライン・トークイベント「「Withコロナ時代におけるVRの可能性を語る」vol.1
新型コロナウィルス蔓延に伴う外出自粛やソーシャルディスタンスなどの行動制限は、われわれの仕事や生活の様々な場面に大きな影響を及ぼしました。リモートワーク、イベントの中止、休業、休校など、集うことが難しくなった現実を前に、世界中の既存のシステムは大きな変革を迫られています。長期化するコロナショックの状況の中、VRがどこまでリアルに置き換われるか?VR未来塾では、"新しい日常"におけるVRのポテンシャルと課題を、改めて考えるトークイベントを緊急企画しました。vol.1では主に、映像系・実写系VRを取り上げていきます。

【日時】
2020年5月19日(火)の19時~20時30分頃までの予定(場合により、21時頃まで延長の可能性あり。)

【形式】
ミーティングソリューションZoomによるリモート・トークイベント(勉強会)

【内容】
・.事例紹介
・パネルディスカッション
〜VRコミュニケーション、VR eコマース、VR授業、VR展示、VRイベント、VRライブ配信などについて。
・Q&A

【オンライン視聴・参加費】
¥1,500
*今回の収益は、日本財団の新型コロナウイルス感染症拡大に伴う緊急支援活動へ寄付します。
(告知における広告費、Peatixの手数料を除く全額。)収支の明細は後日、VR未来塾のFacebookページ、その他、参加者へのメールなどの手段で公開します。

【登壇者】
足立 光氏(株式会社電通 アクティベーションソリューションセンター インテグレーション推進部 ディレクター)
1990年入社。当初からDTP、CG、VR、AR技術を活用した表現を模索し、最新テクノロジーを駆使した海外向けデジタルクリエーティブ業務に従事。20年以上にわたりVRを活用したメソッドに携わり、2016年に電通VR事業を推進する社内タスクフォース「Dentsu VR Plus」の代表として、VR/ARのメディア化、大衆化を目指す。


水田 千惠氏(ヤフー株式会社 Developer Relations )
2014年10月にヤフー社内でIoTプロジェクトを発足し、エバンジェリストとして社内外の開発者コミュニティで活動。 2017年4月からはヤフーの技術やクリエイターの活躍を支援し社外に広めるべく、Developer Relationsの役割を担っている。 自身は最新テクノロジーやガジェットを使った作品を制作し、Maker Faire Tokyoなどで展示を行うメイカーでもある。VRによる拠点間や世代間のコミュニケーションに興味がある。


中島 健登氏(
株式会社360Channel 代表取締役 社長 )
1990年生まれ、愛知県名古屋市出身 総合職新卒1期生としてコロプラ入社後、社長室にて新規事業立ち上げに従事。コロプラ社を退職し360Channel社を立ち上げる。 VRをもっと身近にするために、コンシューマー向けに「VR動画配信PF」を、クライアントの課題解決のために「XRのソリューション」を幅広く提供している。


金谷 建史(かなや たてふみ)氏(株式会社テンアップ代表取締役 典和進学ゼミナール代表取締役 )
2016年10月に株式会社テンアップを創業しMR・VR・ARの学習コンテンツの開発を行う。主に典和進学ゼミナールで利用するも、何故か盛り上がらない、子供達も喜ばない、、、。その後、2018年~VR schoolを開発。1000人以上のお子さんの体験から学習効果のあるVR、子供達が喜ぶVRの傾向をつかむ。コロナ発祥により多くの学習関係からの問合せがあり外部への拡販を開始する。


【モデレーター】
染瀬 直人(VR未来塾 主宰)
写真家、映像作家、360VR Content Creator
日本大学芸術学部写真学科卒業。2014年ソニーイメージングギャラリー銀座で、個展「トーキョー・バーチャル・リアリティー」を開催。Kolor社Autopano VideoのKolor Academy認定トレーナー。YouTube Space Tokyo 360ビデオ・インストラクター 。Google×YouTube×VR Scoutの世界的プロジェクトVR Creator Labにおいて、メンター。「実写VR講座」(デジハリ・オンラインスクール)講師を務める。近著、玄光社「360度VR動画制作ワークフロー」(著・監修)。


【主催】VR未来塾

【ご参加にあたって】

このイベントはミーティングソリューション"Zoom"を使用しておこないます。Wifiなどネット接続が可能な環境下で、PC・スマホ・タブレットなどから参加・視聴できます。セッション開始の1時間前までに、当ミーティングの参加に必要な情報(ZOOMのミーティングのURLリンクとログイン可能なパスワード)を、Peatixの登録メールにてご案内します。ミーティングに参加する場合は、Zoomのアカウントなしで誰でも簡単に利用できますが、初めて使用される方は、事前にアプリをインストールされておくことをお勧めします。質問はZoomのチャットから受け付ける予定です。

【その他のご注意】
*都合により、登壇者、プログラムが変更になる場合があります。その際には、直ちにメールにてお知らせします。
*お申込み後の返金はできません。万一、ご都合が悪くなった場合は、Peatexの譲渡機能を利用して、参加できる方にお譲りください。
*運営側の都合により開催が中止された場合に限り、参加費の払い戻しをもって替えさえて頂きます。
*参加者側のネット回線の不調による視聴不可については、免責とさせていただきます。
*大規模通信接続障害などにより、配信が困難な事象が発生した場合は、免責とさせていただきます。
*万一、運営側の責任において、イベントの配信事故その他、運営がスムーズにいかなかった場合には、代替措置として参加者の方限定で、改めてビデオをご覧いただくなどの対応をさせていただきます。
*勉強会の模様の動画記録・ネット上での公開はご遠慮ください。
*イベントの様子は、SNSやメディアに掲載させていただく可能性があります。
*イベントは後日、アーカイブを公開・利用する可能性があります。

Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#582238 2020-05-14 07:04:02
More updates
Tue May 19, 2020
7:00 PM - 8:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
オンライン視聴・参加費 SOLD OUT ¥1,500
Organizer
VR未来塾
1,972 Followers
Attendees
70

[PR] Recommended information